裏側も有効活用しよう!良い名刺を作るためのテクニック

ビジネスマンの必須アイテムの1つが名刺です。初対面の人との挨拶で名刺交換を行うことは多いのではないでしょうか。しかし、シンプルなデザインの名刺では相手に自分の存在を覚えてもらえないかもしれません。相手に覚えてもらえるような名刺を作るには工夫が必要です。

そこで今回は自分の存在を覚えてもらえるような名刺を作るテクニックを紹介します。

「自分で名刺を作りたい!名刺編集ソフト」

表側は見やすいデザインが好ましい

名刺の表側は受け取る側が最初に目にする場所になります。言うなれば名刺の表側は自分の顔のようなものです。受け取った側が後から見返したときに、自分の情報が頭に入りやすいような名刺を作ることが重要になります。

表側に書く内容は必要最低限のものにしておくのが理想的です。例えば会社名や部署名、自分の名前、住所、連絡先くらいの情報を書き記しておくと良いでしょう。ただ必要な情報を書いているだけでは、相手に良い印象を持ってもらえるとは限りません。

そこで重要になるのがフォントの使い方です。例えば明朝体で書いた名刺とゴシック体で書いた名刺では相手に与える印象が異なります。真面目な印象や誠実な印象を持ってもらいたいのであれば、ポップなものよりも硬めのフォントを選ぶのが好ましいと言えます。

フォントのサイズも重要なポイントです。自分の名前や会社名をアピールしたいという気持ちが強すぎて、名前と会社名だけ大きく表示している名刺を作ってしまう人もいるかもしれません。しかし、そんな名刺は逆効果になってしまうケースが多いです。

名前や会社名のサイズは肩書や住所よりも少し大きいくらいが良いでしょう。フォントの色にも注意が必要です。オシャレな名刺にこだわりすぎてフォントの色を派手なものにしてしまう人もいるかもしれません。確かに赤やオレンジといった派手な色は相手に強いインパクトを与えられる可能性はあります。

しかし、あまりに派手すぎると年配のビジネスマンには良い印象を持たれないケースも珍しくありません。フォントの色にはこだわりすぎず、黒色を選択しておくのが無難でしょう。

裏側を有効活用するのが成功のカギ

名刺の表側のデザインに関する話はしましたが、裏側はどうするのかという疑問を持っている人もいるかもしれません。名刺のほとんどは表側にだけ情報が記載されているケースが多く、裏側は使われていません。そのため他のビジネスマンとの差をつけるには裏側を有効活用するのが重要だと言えます。

裏側を上手く利用できれば、自分のビジネスチャンスを拡大できるでしょう。表側では必要な情報だけを記載するのが良いと言いましたが、裏側はどんな情報を記載しても良いと言えます。しかし、空白を埋めるためだけに不要な情報を記載するのはマイナス効果を生んでしまいます。

重要なのは「裏側に記載する情報はビジネスに繋がるのか」というポイントです。例えばファッション系の会社に勤めている人が裏側に「私の好きなゲームは○○です」といった情報を記載したところで、受け取った側からすればどうでもいい情報ですよね。

この場合であればゲームの情報を記載するよりも、好きなファッション雑誌やファッションブランドを記載している方がビジネスへの可能性を感じるのではないでしょうか。このように自分のビジネスに繋がるような情報を記載しておくことで、新たな取引先を得られる可能性もあります。

顔写真で自分を覚えてもらうのも良いテクニック

名刺に書いてある名前や会社名だけでは、後から見返したときにどんな人であったか思い出してもらえない可能性が高いです。特に大手のビジネスマンは多くの人と名刺交換を行っているケースが多いため、一度会っただけでは顔と名前が一致しないことも多いでしょう。

そこでおすすめなのが、名刺の裏側に自分の顔写真をプリントアウトしておく方法です。

顔写真があれば自分の顔と名前をセットで覚えてもらえます。そのため営業先や街中で会ったときに、自分の存在を認識してもらいやすいでしょう。「相手の顔が分かる」というのはビジネスにとって重要なポイントです。顔が分かっていれば、顔が思い出せない人よりも親近感がわきやすいでしょう。

顔が思い出せない人よりも顔が分かっていて親近感のある人の方が、仕事を依頼してもらいやすいというメリットがあります。何度も自分の顔写真を見てもらえれば、相手は「何度もこの人に会ったことがある」という感覚を持ちやすいというのも良いポイントだと言えます。

SNSの情報を裏側に記載しよう

裏側の余白を使ってSNSの情報を記載するのも、おすすめのテクニックになります。例えばFacebookやTwitterといったSNSのアカウントを記載しておくことで、名刺交換を行った相手から友達の申請が来るかもしれません。

友達申請が来なくても、相手にSNSの情報を見てもらえるだけで良い効果が生まれます。相手はSNSでの貴方の投稿を見ることで、人柄を知ろうとしています。自分がどんな人であるかを直接相手にアピールしなくても、自分が知らない間に知ってもらえる可能性が高くなります。

ホームページを持っている人はホームページのURLも記載しておくと良いでしょう。ホームページを見てもらえれば、自分の仕事内容を詳しく知ってもらえるというメリットがあります。相手にSNSを見てもらいたいのであれば、QRコードを印字しておくのがおすすめです。

QRコードであれば検索の手間が省けるので、気軽にSNSにアクセスできるでしょう。

経歴や資格の情報を記載するのも良い方法

裏側の空白を利用して経歴や資格を記載しておくのも良い方法です。必要のない経歴や資格は記載する必要はありません。ビジネスに役立つような経歴や資格を記載しておくことで、取引に繋げられる可能性が高くなります。

出身地を記載しておくのも良い方法だと言えます。取引先の人が自分と同じ出身地であるケースは珍しくありません。出身地を記載しておくことで、相手の人との距離が縮まる可能性は高いでしょう。他にも自分のアピールポイントや性格といった情報を記載しておくことで、ビジネスに繋がる可能性が考えられます。

表側と裏側を使い分けよう

良い名刺を作るためには表側と裏側を上手く使い分けるのが重要です。表側で必要最低限の情報を記載しておき、裏側でビジネスチャンスを生み出すような情報を記載しておくのがベストな名刺作りだと言えます。

ここで紹介したテクニック以外にも、相手に良い印象を持ってもらえるような名刺の作り方はあります。魅力的な名刺を作ってビジネスのチャンスを増やしていきましょう。